休むってアリ?リングフィットをやったら筋肉痛がヤバイんだけど。

リングフィットダイエット筋肉痛が痛いから休むアイキャッチ

こんにちは!肉丸です。
リングフィットをプレイし始めたら、つい張り切ってしまいますよね。
頑張りすぎたせいで、翌日には地獄の筋肉痛が待ってます。
筋肉痛が辛すぎてリングフィット休みたいんだけど、本当に休んでいいのか不安です(TT)

「今日はリングフィット頑張ったぞ!」

でも翌日になるとお待ちかねの筋肉痛…

 

筋肉痛になっても、

やっぱりリングフィットは続けないといけないのでしょうか?

 

せっかくリングフィットでダイエットを決意したのに、

筋肉痛のせいにして休むのはいけない気がする。

あなたはそのように考えていませんか?

 

肉丸
肉丸
筋肉痛でも頑張ってリングフィットをしないと!!!
いや、少し待ってくれ。
イケ男
イケ男
肉丸
肉丸
でもやらないとダイエットの意味が…
無理は禁物だぞ!
イケ男
イケ男

 

ダイエットはしっかりと筋トレや有酸素運動、

そして食事制限を頑張ってこそ、

真価を発揮するものです。

 

ダイエットは生半可な気持ちでは絶対に成功しません!

だからこそ筋肉痛でも、

無理をしてリングフィットをしないといけない!

と感じるのは当然のことです。

 

ですがどんなに不安があっても、

筋肉痛の時はリングフィットは休んでも大丈夫!

 

では何で筋肉痛がやばい時は、

リングフィットを休んでもいいのでしょうか?

 

この記事で

「筋肉痛の時はリングフィットを休んでもいい理由」

についてしっかりと説明したいと思います。

 

筋肉痛の時はリングフィットを休むべき理由とは?

リングフィットダイエット筋肉痛の時は休もう!

僕は友人に

「リングフィットで絶対に痩せるわ!」

って宣言していました。

 

ですが筋肉痛がかなりやばく、

友人に

「筋肉痛がやばいから今日はリングフィットやめとくわ。」

って言ったのです。

 

そしたら僕の友人は、

「筋肉痛で休むとか。マジで根性がないな(笑)」

って鼻で笑われました。

 

それで僕は悔しすぎて、

筋肉痛に耐えながらリングフィットをしたのです。

ですが筋肉痛なのに無理をしてリングフィットをすると、

ダイエット成功への道から、

かなり遠ざかってしまう結果になります。

 

では何で筋肉痛の時は、

無理をしてリングフィットをしない方がいいのでしょうか?

 

その理由は3つほどあります。

 筋肉痛の時はリングフィットをしなくてもいい3つの理由

 トレーニングの質がかなり低下する

 筋肉が傷ついているから

 筋肉が成長できない

 

それぞれの理由について、

今から詳しく解説しますね!

 

トレーニングの質が著しく低下する

リングフィットダイエットトレーニングの質が低下筋肉痛

筋肉痛が酷いのに、

無理をして筋トレをしても、

トレーニングの効果はかなり薄いです。

 

では何でリングフィットのトレーニングの効果が、

薄くなってしまうのでしょうか?

 

筋肉痛なのに筋トレをすると、

単純に筋肉痛の部位が物凄く痛いから。

 

筋肉痛を我慢して筋トレをしても、

あまりの痛さにトレーニングどころではありません(TT)

例えばお腹周りが筋肉痛でやばいのに、

レッグレイズをやってみると、

足が全く上がらないのです。

 

他にも腹筋の筋肉痛で舟のポーズをやると、

激痛で体を起こすこともできません。

勢いを付けないと、

舟のポーズができないのです。

舟のポーズは勢いを付けてはダメな運動になります。

 

正しいフォームで筋トレをしないと、

全く意味のないトレーニングになるのです。

 

肉丸
肉丸
筋肉痛のせいで、ちゃんとしたフォームでトレーニングができないのか。
筋トレの質を最大限に高めるには、「正しいフォームで行うこと」だからね。
イケ男
イケ男

 

筋肉痛の時に無理して筋トレをすると、

本能的に少しでも痛みを和らげようとして、

違うフォームで筋トレをする可能性があります。

 

正しいフォームで筋トレをしていないため、

変なクセが付く可能性が高いです。

 

変なクセが付いた状態で筋トレをすると、

鍛えたい部位が鍛えられません。

 

筋肉痛の場所をトレーニングしても、

全く意味のないトレーニングになるため、

休んだ方がはるかにマシです。

 

せっかくリングフィットで筋トレをするのですから、

正しいフォームでしっかりと筋トレを行いたいところですね。

 

なので筋肉痛になっている箇所は、

無理をしてリングフィットで

トレーニングをしないようにしましょう!

 

しっかりと筋肉に休息を与えて、

またリングフィットをする時に、

全力でトレーニングをするといいですよ♪

 

筋肉の傷の修復ができない

リングフィットダイエット筋肉痛修復しない

筋肉痛の原因って実は解明していません。

 

一昔前までは運動によって「乳酸」が体に蓄積されるから

筋肉痛が起きていると言われていました。

ですが乳酸による筋肉痛はいくつかの矛盾点があったので、

別の説が有力となったのです。

 

その説とは、

筋トレによって筋肉の繊維が傷ついているから

筋肉痛が発生しているという説になります。

 

筋肉が傷ついている状態とイメージするといいでしょう。

 

それであなたはリングフィットの過酷な筋トレで、

筋肉痛になっています。

その状態でリングフィットのトレーニングをすると

あなたの筋肉はどうなると思いますか?

 

容易に想像できますね。

筋肉が傷付いているにも関わらず筋トレをするため、

筋肉はさらなるダメージを負ってしまいます。

 

肉丸
肉丸
筋肉が傷付きっぱなしになるってことか!
筋肉が傷付き続けるのはさすがにマズイからな。
イケ男
イケ男

 

悲しいことに筋肉痛で無理をしてリングフィットをすると、

筋肉が傷付き続けるだけでは済みません。

 

筋肉が傷付きやすい体質になる可能性もあるのです。

 

筋肉が休息を与えられることなく、

どんどん筋トレをしていきます。

そうなると筋肉にさらに傷を与えることになりますよね。

そのせいでずっと筋肉痛が続きますし、

疲れやすい筋肉に変化を遂げてしまいます。

 

そこまで根詰めて筋トレをしてしまうと、

本来付くはずの筋肉も付かなくなるのです。

あなたは本気でダイエットに取り組んでいるはずですが、

筋肉が付かないため脂肪燃焼の効率が格段に低下します。

 

筋肉痛なのに無理をして

何度もリングフィットをトレーニングすると、

最悪な習慣化をしてしまう可能性があるのです。

変な習慣化を身に付ける前に、

リングフィットの筋トレはやめた方がいいです。

 

筋肉痛なのに無理をした筋トレをすると、

ダイエットどころか貧弱な体質になるでしょう。

なので筋肉痛の時はおとなしくするのが、

ダイエット成功への道を着実に一歩進むことになります。

 

筋肉痛になってリングフィットをしたいと思っても、

ここは歯を食いしばって筋トレは我慢しましょう。

あなたの痩せたいという熱のこもった気持ちは、

しっかりと筋肉痛が改善してからにしてくださいね!

 

筋肉の成長の妨げになる

リングフィットダイエット筋肉痛なのに無理して筋トレすると成長しない画像

筋肉痛の時は、

筋肉は痛みを無くすために、

一生懸命、修復の作業を行っています。

 

そして筋肉の修復が完了すると、

晴れて痛みが無くなって、

リングフィットの筋トレが再開できるのです。

 

さて、それで筋肉痛の時に無理して

リングフィットでトレーニングをすると、

筋肉が成長をしているところなのに邪魔をしてしまいます。

 

それで筋肉の成長とは一体何でしょうか?

筋肉痛になると体が一生懸命、

筋肉痛を改善しようとします。

それで再び筋肉痛にならないために、

筋肉が強じんになり大きな筋肉を形成するのです。

 

筋肉が強じんになり大きくなると、

あなたが今までやっていた筋トレを、

筋肉がしっかりと耐えようとします。

 

リングフィットを継続的にやっていると、

「そう言えばここ最近筋肉痛が起きないな?」

って感じたことはありませんか?

 

これって筋肉が成長して、

筋肉が大きくなったから筋肉痛の頻度が減ったのです。

 

肉丸
肉丸
なるほど!筋肉が大きくなっているのか!
そう、だから筋肉痛の時はおとなしくするのが一番だ。
イケ男
イケ男

 

筋肉痛なのにリングフィットを無理してやると、

筋肉が傷付いてばかりで、

筋肉が成長する過程に入れません。

 

しかも筋肉は大きければ大きいほど、

脂肪燃焼効果をどんどん増えていき、

理想的な体型&体重になります。

 

逆に筋肉痛に無理をしたせいで、

筋肉が貧弱化をすると、

脂肪燃焼の効率もどんどん低下するのです。

 

筋肉痛は一種のサイン。

あなたの体が「これ以上は無理しないで!」

と訴えている証拠です。

 

なので筋肉痛の時は、

リングフィットのトレーニングを休憩するのが、

正しい選択肢となります。

 

せっかくクソきつい筋トレをしているのに、

その筋トレのせいで逆に筋力が低下するのは、

さすがにもったいないですからね。

 

まとめ!

リングフィットアドベンチャーまとめ画像

筋肉痛の時はリングフィットのトレーニングは、

とにかく避けるようにしましょう!

 

筋肉痛の時にトレーニングをしていけない理由は、

  • 筋肉が傷付いている
  • 筋肉が成長しなくなる
  • トレーニングをしても痛みのせいでトレーニングの質が落ちるから

です。

 

筋トレは体を鍛えて、

ダイエットの効果を促進するために

あなたは毎日辛いリングフィットをしていると思います。

 

そのため、

「筋肉痛ごときでリングフィットを休憩するなんて絶対に無理!」

と考えるのも無理はありません。

 

ですがそこで無理をして筋トレをすると、

ダイエットの成功から逆に遠ざかる可能性があります。

 

筋肉痛の時は

「体がいけないって言っているから今日はリングフィットやめるか~」

と軽い感覚で休憩するといいですよ!

 

また実は工夫次第で、

筋肉痛の時も筋トレをしてもいい方法があります。

しかも筋トレの工夫ってかなり簡単にできるのが魅力的です。

 

工夫した筋トレができれば、

あなたのリングフィットダイエットの成功確率が、

大幅に上昇するでしょう。

 

筋トレの工夫の仕方は、

以下の記事でまとめているので、

是非ともチェックしてください!

 

 リングフィットの筋肉痛の付き合い方で、ダイエットの効果が加速する!